伸びるブログ運営術

コピペOKな商品紹介記事のテンプレ

みなさんこんにちは。

「またたびろぐ」運営者のこーすけです。

さて今回は、「コピペOKな商品紹介記事のテンプレ」についてまたたびろぐ」より共有していこうと思います。

丸パクリOKな感じにしますので、ぜひ参考にしてみてください。

上から順番に解説を入れながら紹介していきますので「画像挿入」と書いてあったら「そこに画像入れるんだな」と思ってください。

意識するポイント
  1. 商品名の表記は正式名称【英語の場合は→「Facebook(フェイスブック)」という表記にする】
  2. キーワードをなるべく盛り込む【自然な形で】
  3. どのサイトよりもわかりやすく簡単に伝える

目次を見る

【コピペ用】商品紹介記事のテンプレ【※各見出しを以下で説明しています】

タイトル:【□□】〇〇(商品名)を実際に利用した感想と口コミ評判を徹底分析!

「」
「」
「」
以下記事内容に自然に入れるように2〜3文追加

見出し2:〇〇(商品名)とは?

商品画像挿入
商品概要表挿入
文章5文以上で説明

見出し2:〇〇(商品名)をおすすめする(選ばれる)〇つの理由!

箇条書き
以下記事内容に自然に入れるように2文追加
見出し3:〇〇(商品名)がおすすめする(選ばれる)理由1:〇〇
見出し3:〇〇(商品名)がおすすめする(選ばれる)理由2:〇〇
見出し3:〇〇(商品名)がおすすめする(選ばれる)理由1:〇〇
ボタン設置

見出し2:〇〇(商品名)を実際に利用してみた感想!

以下記事内容に自然に入れるように2文追加
見出し3:〇〇(商品名)を実際に莉用してみて〇つのよかった点!
見出し3:〇〇(商品名)を実際に莉用してみて〇つの悪かった点!
見出し3:よかった点と悪かった点を踏まえた上での〇〇(商品名)の私的評価!

見出し2:実体験から△△したい人は〇〇(商品名)がおすすめです!

文章5文以上で説明
ボタン設置

見出し2:自由記載(主にお得情報)

文章5文以上で説明

見出し2:〇〇(商品名)を実際に利用した私以外の口コミ・感想をまとめてみた!

以下記事内容に自然に入れるように2文追加
見出し3:〇〇(SNS名):△△!(口コミを具体的に表現)
見出し3:口コミから見る〇〇(商品名)の世間的評価!

見出し2:自由記載(主に情報を充実させるため)

見出し2:自由記載(主に情報を充実させるため)

見出し2:まとめ

箇条書き
文章3文以上で説明

見出し2:〇〇(商品名)の詳細情報!

商品画像挿入
商品概要表挿入
ボタン設置

参考:赤髪ブログサロン

タイトル:【□□】〇〇(商品名)を実際に利用した感想と口コミ評判を徹底分析!

ここはジャンルや商品によって検索結果が異なるため、若干言い回しが変わってくると思います。

具体的には、”【□□】”に検索結果で上位にあるユーザーが気になっているキーワードを入れたり、”〇〇を実際に利用した〜”の部分を”使ってみた〜”や”体験してみた〜”に変更するなどの対応を指します。

大事な部分なので一記事一記事考えてつけるようにしてください。

目次前のリード文:『ユーザーの疑問を代弁し、その内容がわかることを端的に伝える』

最初は以下のように、ユーザーが疑問に思っていること、興味を持っていることを”「」”を使って代弁するように記載して下さい。

「」←ユーザーが素直に興味を持っている疑問を入れる

「」

「」

「多くの芸能人が〇〇を良いってお勧めするけど、実際はどうなの?」「〇〇を利用するメリットやデメリットは??」「〇〇について詳しく教えて!!」のような商品に対する率直な疑問を入れる感じです。

その後、2〜3文でこの記事の内容に入れるように文章を追加して下さい。

最近話題を集めている〇〇。多くの芸能人が利用し、高い評価を受けている注目の商品です。

今回は、そんな〇〇について「△△(サイト名)」が詳しく紹介していきます!

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

全体のポイント:リード文はあまり長くならないようにコンパクトに収めるのがコツです。

見出し2:〇〇(商品名)とは?

商品画像を挿入←ASP提供の画像でも良いですが、私は公式のトップページ画像をスクショして使うことが多いです。

表を挿入←商品画像の下に設置して、読者が一目で商品の概要がわかるようにしましょう。

表の項目は「サイト独自の評価」「商品正式名称」「購入金額」「容量」「特徴」「その他必要と感じる項目」などなるべく詳しく設定すると良いと思います。

文章で見出し2「〇〇(商品名)とは?」の答えとなるように説明。

この部分は、この商品がどう言うものなのかを読者に簡潔かつ確実に理解してもらうための見出しなので、丁寧に執筆しましょう。(5文以上)

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:〇〇(商品名)をおすすめする(選ばれる)〇つの理由!

  1. 〇〇!↓おすすめポイントは5つ以内に絞るのがおすすめです。
  2. 〇〇!
  3. 〇〇!

枠を使い、以下の見出し3を上記のようにまとめてください。

その後、これから説明する見出し3へ自然に入れるような文章を追加しましょう。(2〜3文が望ましい。)

見出し3「〇〇(商品名)がおすすめする(選ばれる)理由」の部分が合計で6つ以上になる場合、見出し的に見栄えが悪くなるのでその際はシンプルに「1. 〜」という感じにするのがおすすめです。

見出し3:〇〇(商品名)がおすすめする(選ばれる)理由1:〇〇

当見出し3に関連する画像を挿入←公式ページから探したこの見出し3の部分をスクショして使用するのがおすすめです。

文章で見出しを説明3文以上が望ましい。

※あまり説明しすぎるのもよくないので、長くても5文くらいで収めるのが良いと思います。

見出し3:〇〇(商品名)がおすすめする(選ばれる)理由2:〇〇

当見出し3に関連する画像を挿入←公式ページから探したこの見出し3の部分をスクショして使用するのがおすすめです。

文章で見出しを説明3文以上が望ましい。

※あまり説明しすぎるのもよくないので、長くても5文くらいで収めるのが良いと思います。

見出し3:〇〇(商品名)がおすすめする(選ばれる)理由1:〇〇

当見出し3に関連する画像を挿入←公式ページから探したこの見出し3の部分をスクショして使用するのがおすすめです。

文章で見出しを説明3文以上が望ましい。

※あまり説明しすぎるのもよくないので、長くても5文くらいで収めるのが良いと思います。

 

見出し3の説明が終わったら、次は見出し2の説明(この見出し全体の説明)を行います。

文章量としては3〜5文ほど。完結でわかりやすくまとめてください。

ボタン設置 ←商品リンクを貼りましょう。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:〇〇(商品名)を実際に利用してみた感想!

これから説明する見出し3へ自然に入れるような文章を追加しましょう。(2〜3文が望ましい。)

見出し3:〇〇(商品名)を実際に莉用してみて〇つのよかった点!

  • 〇〇!
  • 〇〇!
  • 〇〇!
  • 〇〇!
  • 〇〇!

枠を使い箇条書きで5つほどまとめてあげるとみやすくわかりやすくなります。

箇条書きを書いた後、文章で上記箇条書きを具体的に説明して下さい。(5文以上)

こうこうこうでこうこうこうだったため、私にはこうこうこうなので、こうこうこういう点がよかった。また、こうこうこうでくこうこうういう点もよかった。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し3:〇〇(商品名)を実際に莉用してみて〇つの悪かった点!

  • 〇〇
  • 〇〇
  • 〇〇
  • 枠を使い箇条書きで3つほどまとめてあげるとみやすくわかりやすくなります。
  • 悪い部分を率直に伝えるだけだとよくないので、フォローしながら文章を作るのがコツです。

箇条書きを書いた後、文章で上記箇条書きを具体的に説明して下さい。(5文以上)

こうこうこうでこうこうこうだったため、私にはこうこうこうなので、こうこうこういう点がよかった。また、こうこうこうでくこうこうういう点もよかった。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し3:よかった点と悪かった点を踏まえた上での〇〇(商品名)の私的評価!

レーダーチャートを挿入←視覚的に評価を伝えてあげるとわかりやすくておすすめです。

表を挿入←レーダーチャート画像の下に設置して、読者が一目で各項目の端的評価がわかるようにしましょう。

表の項目は「総合点」「価格」「質」「好み」「その他」 の5項目がおすすめです。

箇条書きを書いた後、文章で上記箇条書きを具体的に説明して下さい。(5文以上)

こうこうこうでこうこうこうだったため、私にはこうこうこうなので、こうこうこういう点がよかった。また、こうこうこうでくこうこうういう点もよかった。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:実体験から△△したい人は〇〇(商品名)がおすすめです!

上記見出しを具体的に説明して下さい。(5文以上)

以下URLへ流せるように徹底的にお勧めしてください。

ボタン設置 ←商品リンクを貼りましょう。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:自由記載(主にお得情報)

お得情報がある場合は、こうして見出しにして記載してあげると成約率が上がります。

こういう見出しはコピーライティング技術が必要になるため、かなり時間をかけて文章を作り込みましょう。

上記見出しを具体的に説明して下さい。(5文以上)

以下URLへ流せるように徹底的にお勧めしてください。

ボタン設置 ←商品リンクを貼りましょう。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:〇〇(商品名)を実際に利用した私以外の口コミ・感想をまとめてみた!

これから説明する見出し3へ自然に入れるような文章を追加しましょう。(2〜3文が望ましい。)

見出し3:〇〇(SNS名):△△!(口コミを具体的に表現)

SNSの埋め込み機能を使って、SNS上に書かれている商品の感想や口コミをまとめて下さい。(3〜5つくらいが望ましい)

見出し3:口コミから見る〇〇(商品名)の世間的評価!

口コミを元に、どういう点でどう評価されていて、どういう点で他と劣っているのかなどを説明してあげるとわかりやすいのかもしれません。(文章5文以上)

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:自由記載(主に情報を充実させるため)

複合ワード”筋トレ 〇〇 〇〇”←ここのキーワードを入れて見出しを作りましょう。

上記見出しを具体的に説明して下さい。(5文以上)

キーワードを検索でひっかける意識で書いてください。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:自由記載(主に情報を充実させるため)

複合ワード”筋トレ 〇〇 〇〇”←ここのキーワードを入れて見出しを作りましょう。

上記見出しを具体的に説明して下さい。(5文以上)

キーワードを検索でひっかける意識で書いてください。

こーすけ
こーすけ
要約や一言を入れる感じの使い方が良いと思います。

吹き出しを使用している場合は、文章の間や文末に「まとめ」や「感想」という形で入れるとユーザーアビリティが上がります。

見出し2:まとめ

  • 〇〇!←”例:〇〇が〇〇で〇〇です!”のように表記して下さい。
  • 〇〇!
  • 〇〇!

枠を使い箇条書きで今回の記事に関する要点を具体的かつ簡潔でわかりやすくまとめてあげるとみやすくわかりやすくなります。

箇条書きの後、この記事をまとめる文章を3文前後で作成して下さい。

見出し2:〇〇(商品名)の詳細情報!

表を挿入←商品画像の下に設置して、読者が一目で商品の概要がわかるようにしましょう。

表の項目は「サイト独自の評価」「商品正式名称」「購入金額」「容量」「特徴」「その他必要と感じる項目」などなるべく詳しく設定すると良いと思います。※できれば「運営(販売)企業」や「購入可能リンク」、「公式リンク」など情報にできるだけ書くのが望ましいです。

ボタン設置 ←商品リンクを貼りましょう。

ボタン下に関連記事のリンクカードを挿入。(3〜5つほどがお勧め。)

検索底上げに効果的な5つの外部対策についてみなさんこんにちは。「赤髪SEOブログサロン」運営者のこーすけです。さて今回は、「検索の底上げに効果的な外部対策」について「またたびろぐ」より詳しく話していこうと思います。意外と気になる人も多いと思いますので、ぜひチェックしてみて下さい。...
ブログで稼ぐために必要な9つのことみなさんこんにちは。「またたびろぐ」運営者のこーすけです。さて今回は、「ブログで稼ぐために9つの必要なこと」について「またたびろぐ」より詳しく紹介していこうと思います。この9つを意識して運営を行えば収益化できる確率は大きく上がります。...
記事を書く上で頭に入れておくべき3つのこと赤髪SEOブログサロン運営者のこーすけです。さて今回は、「記事を書く上で絶対に頭の片隅に入れておくべきこと」についてお話しできればと思います。これは、記事を書く上で大切なことになりますので、確認してみて下さい。...
ブログ運営で超重要なサイト設計の方法を解説みなさんこんにちは。「またたびろぐ」運営者のこーすけです。さて今回は、ブログ運営で超重要な「サイト設計の方法について」お話ししていきます。私が運営している全サイトは徹底的にサイト設計を行っているくらいに重要なものですから、ぜひ確認してみて下さい。...
検索で上がる&クリックされる正しいタイトルの付け方みなさんこんにちは。 「またたびろぐ」運営者のこーすけです。 さて今回は、「検索で上がり、クリックされる正しいタイトルの付け...
FOD
huluの公式画像
【31日間無料見放題】U-NEXTがおすすめ!
U-NEXTの公式画像

アニメはもちろん、映画やドラマなど210,000作品以上の動画を取り扱っている国内最大級の動画配信サービスです。

見れる作品はほどんど取り扱っており、初めての契約なら31日間無料で動画が見放題です!

「動画配信サービスに興味がある」「みたい作品がある」という人はまずU-NEXTを試してみることをおすすめします。

≫【31日間無料】U-NEXTを試してみる!

おすすめの記事はこちら