伸びるブログ運営術

検索を上げる維持する修正(リライト)のタイミング

みなさんこんにちは。

「またたびろぐ」運営者のこーすけです。

さて今回は、「検索を上げる維持する修正(リライト)のタイミング」について「またたびろぐ」より詳しく紹介していこうと思います。

こんな人におすすめです
  • 記事の修正が必要って言うけど、いつすればいいのかわからない!
  • どのタイミングで修正を行うのがベスト?
  • そもそも記事って修正する必要あるの?

記事を修正(リライト)する3つの理由

  1. 検索を上げるため
  2. ユーザーアビリティを上げるため
  3. 記事の情報を最新版にするため

大きく分けて3つ理由があります。

記事を修正する理由1:検索を上げるため

基本的に修正するほとんどの理由はこの「検索を上げるため」です。

これは、検索1位になるまで行う必要があり、主に追記やSEO対策を行う修正となります。

記事を修正する理由2:ユーザーアビリティを上げるため

これは、検索5位以内に入ったタイミングで行う修正方法になります。

基本的には表を整理したり、画像をオリジナルのものに変えたり、文章をよりわかりやすく読みやすくしたりといった「ユーザーの滞在時間を上げるような修正方法」になります。

記事を修正する理由3:記事の情報を最新版にするため

これは上記2つのように記事をプラスに持っていくと言うわけではなく、過去の情報から最新情報に内容を上書きする修正方法になります。

読者が望んでいるのは今まさに更新されている真新しい情報です。

最新の情報を提供し続けるために必要な修正対応になります。

ほとんどの人が「検索を上げる修正=ユーザーアビリティを上げる修正」と勘違いしている

中堅レベルのアフィリエイターやブロガーの修正はほとんどが検索を上げるためと言いつつも、修正内容を見ると「ユーザーアビリティを上げるような修正」になっていたりします。

簡単に言うと、「検索を上げる正しい修正が行えていない」ということです。

ユーザーアビリティを上げるための修正は、検索を上げるための修正とは根本的なやり方が違うため検索が上がる可能性は低く、効果もわかりにくくなっています。

なので、多くの人が「修正しても記事が上がらないじゃん」となるのです。

そしてそうなると、修正の大切さをいまいち理解できないまま作成した記事の検索順位は徐々に落ちていき、最終的には「どんなに記事を書いても結局検索上位までいかない」というマイナス思考に陥るという最悪の流れが出来上がります。

こうなるとブログを辞める確率ほぼ100%。

しかし、修正方法を区別し、正しい修正を行えば検索を上げることは可能です。(誰でもできます。)

ここは非常に重要なポイントだったので見出しを設けてお伝えしました。

”検索を上げる”具体的な4つの修正方法とは?

  1. 追記する【★★★】
  2. 見出しやタイトルにキーワードを入れる【★★☆】
  3. 上がっている別記事から内部リンクを送る【★☆☆】
  4. 掘り下げた記事を書く【★☆☆】

検索を上げる修正方法1:追記する【★★★】

結局、Googleは記事質を情報量で判断している部分が多く、検索上位にいるサイトほどドメインパワーが圧倒的でない限りは文章量が多いです。

なので、基本的には検索トップ数サイトの記事の文字数よりも多くなるように追記するのがいいと思います。

具体的には、検索1位が10000文字なら11000文字以上になるように追記する、といった感じですかね。

見出しのテーマをぶらさない程度に見出し2をたてて追記するのが望ましいです。見出し2での追記が難しそうなら、各見出しの文章量を上げたり、見出し3をたてている箇所で見出し3を追加して文章量を増やすように対策するのが良いです。

検索を上げる修正方法2:見出しやタイトルにキーワードを入れる【★★☆】

検索を上げるためには「キーワードの情報量」が必要になります。

「筋トレ ダイエット」というキーワードを例に上げるなら、そのキーワードの情報を満たすために、複合ワード「筋トレ ダイエット ”〇〇”」の部分のキーワード情報が必要になると言うことになります。

  • 筋トレ ダイエット メニュー
  • 筋トレ ダイエット 食事
  • 筋トレ ダイエット 有酸素運動
  • 筋トレ ダイエット プロテイン etc..

↑3語目のキーワード情報を必要と言うこと。

しかし、基本的に検索1位になりうる文章量を書いている場合は情報を新規に追加する必要はまず無いと思います。

その場合の修正方法は「”〇〇”(3語目のキーワード)」を自然な形で見出し2や見出し3、タイトルに入れるだけOKだと思います。

必ず「一貫性のある記事」を意識してキーワードを入れましょう。一貫性がなくなると検索で上がりにくくなったり、キーワードの「カニばり」を起こしてしまう危険性があります。

検索を上げる修正方法3:上がっている別記事から内部リンクを送る【★☆☆】

この対策は、上記2つと比べると非常に微々たるもの。

一応内部リンクの効果はあると言われていますが、どの程度の効果が望めるかはわからないため、とりあえず行なっておくというスタンスでいいと思います。

具体的な方法は「評価の高い記事(検索で上がっている記事)から内部リンクを送る」と言うもの。

サイドバーで内部リンクを送れるなら尚良しです。

もう少し丁寧に対策するなら、該当記事(検索で上げたい記事)に誘導するように検索で上がっている記事や関連性の高い記事から見出しを設けて内部リンクを送ると効果的だと思います。

検索を上げる修正方法4:掘り下げた記事を書く【★☆☆】

記事の中には、見出し内では収まらないキーワードなどもあります。(1記事で書ける記事という意味です。)

そういった場合は積極的に深掘りして記事を書き、相互に内部リンクを送り合うのが吉です。

そうすることで相互の評価が上がり、どちらの記事も検索で上がりやすくなります。

あくまで深堀り記事になるので、大元の記事と内容が被らないように注意してください。具体的には、大元の記事:「詳しくはこちら」➡︎ 深掘り記事:「詳しく知れる」という構図です。

 

検索を上げるための修正はこんな感じです。

これ以上やるとなると、記事の被リンクを周囲のブロガーやサイトにお願いして回るような感じですかね。(これは効率が悪いのでおすすめしません。)

上記を行っても上がらなければ現段階でのサイト評価では上位のサイトを超えられないという意味なので、開き直って他の部分に力を入れるようにしましょう。

記事を書いていけば徐々にサイトの情報網羅性が上がるため、サイト評価も相乗して上がります。そうすればこの時修正した記事の順位も上がりやすくなります。

初心者の方はひとまずは「検索上位記事よりも文字数を多めにする」だけでOKです

上記の説明が難しく感じたのであれば、とりあえず検索上位の記事の文字数を超えるように追記するだけでOKです。

追記すれば検索1位は難しいかもしれませんが、そこそこの検索順位までは上がります。

最初はこれだけでも問題ないので、是非やってみて下さい。

ただ、その際の追記内容は以下2点を必ず守るようにしましょう。

  1. 狙っているキーワードに関連性のあるキーワードであること
  2. 追記後も一貫性のある記事になるもの

関連性の高い追記情報なら検索ワードに含まれていないものでも大丈夫ですが、最初は検索ワードに含まれているキーワード(筋トレ ダイエット ”〇〇”←これ)の部分を網羅するようにしましょう。

記事修正をしても検索上位に勝てない3つの要因を理解しよう

記事修正を行い、文字数はもちろん、読みやすさや見やすさが勝っていても検索で上位に勝てない場合があります。

それが以下3つ。

  1. ドメイン力(サイトの評価)が自分よりも結構上
  2. その記事への被リンク(引用)が多い
  3. サイトの情報網羅性が負けている

どれも該当記事の修正ではどうにもできないものなので、ひとまずは検索が上がってくるまで待機でOKだと思います。

その間にドメイン力(サイト評価)を上げるため、サイト内の情報網羅性を上げるために記事を書きまくりましょう。

このタイミングでは上げられないかもですが、良いコンテンツを作れれば、ある程度ドメイン力や被リンク数が下でも検索1位は取れます。

ここは焦らずじっくり情報網羅性を上げる努力をしていきましょう。

もし修正を行うなら”これ以上できない”と言うくらい行いましょう。そうすれば、競合に大きなプレッシャーを与えることができ、戦意喪失させられるかもしれません。

「検索を上げる維持する修正(リライト)のタイミング」に対するQ&A

サロンメンバー
サロンメンバー
修正の時に記事内容を削除することはありますか?
こーすけ
こーすけ
個人的な意見ですが、記事内容の削除はギリのギリのギリまではしないことをおすすめします。検索でインデックスされている・検索上位にいる記事は、現在の記事情報でその位置にインデックスされています。それは、「記事内にある何かしらの情報がGoogleに評価されているという意味」になります。もし仮に、削除した内容がGoogleに評価されていた箇所であった場合、クローラーが巡回してきたタイミングでその情報分の評価を失う可能性があり、比例して今の検索順位が下がります。なので、一度作成した記事内容の削除はおすすめしません。しかし、検索がそこまで上がっていない、もしくはまだインデックスされていない記事ならまだGoogleに評価されていない記事ですので記事内容を削除しても問題ないと思います。
こーすけ
こーすけ
上記の他にも1つ「一貫性を削ぐ内容の場合は検索順位が上がっている記事でも削除する」というのが私の個人的な考えになります。日に日にGoogle検索の精度が上がり、それは検索上位になる記事の質が上がっていることを意味しています。この流れが続けば、一貫性のない記事は遅かれ早かれ検索上位にいても弾かれる運命にあるので、弾かれる前に大幅修正を行い一貫性&検索意図を満たす形の記事に仕上げ直します。(※ただ、検索トップ3位以内にいてPV数もそこそこ取れているなら、検索が落ちるまでは保留にします。)

まとめ

  • 記事を修正する理由は3つある
  • ほとんどの人が「検索を上げる修正=ユーザーアビリティを上げる修正」と勘違いしている
  • 検索を上げる具体的な修正方法は全部で4つ
  • 初心者の方はひとまずは「検索上位記事よりも文字数を多めにする」を意識して修正すればOK
  • 記事を修正しても検索上位の記事に勝てない理由は大きく分けて3つ考えられる

本日はここまでです。

検索を上げる上で修正を行うのは必須条件となっています。

それだけどの検索も競合が多く強いということです。

我々が検索エンジンを使い数秒で欲しい情報を手に入れられるようになってきているわけですから、それだけレベルが上がってきている業界であることを認識しておきましょう。

コピペOKな商品紹介記事のテンプレみなさんこんにちは。「赤髪SEOブログサロン」運営者のこーすけです。さて今回は、「コピペOKな商品紹介記事のテンプレ」について「またたびろぐ」より共有していこうと思います。丸パクリOKな感じにしますので、ぜひ参考にしてみてください。...
ブログ運営で入れておきたい必須プラグイン一覧みなさんおはようございます。「赤髪SEOブログサロン」運営者のこーすけです。さて今回は、「入れておきたいプラグイン」について「またたびろぐ」より詳しく話していこうと思います。サイト運営のプロが長く多くのサイトを運営していく中で必要だと思うプラグインを厳選してまとめてみたので、ぜひ参考にしてみて下さい。...
価値のある文章の書き方についてみなさんこんにちは。「赤髪SEOブログサロン」運営者のこーすけです。さて今回は、「価値のある文章を書く方法」について「またたびろぐ」より話していこうと思います。テクニックよりも考え方に近いので、その点を踏まえて読んでみて下さい。...
検索底上げに効果的な5つの外部対策についてみなさんこんにちは。「赤髪SEOブログサロン」運営者のこーすけです。さて今回は、「検索の底上げに効果的な外部対策」について「またたびろぐ」より詳しく話していこうと思います。意外と気になる人も多いと思いますので、ぜひチェックしてみて下さい。...
ブログで稼ぐために必要な9つのことみなさんこんにちは。「またたびろぐ」運営者のこーすけです。さて今回は、「ブログで稼ぐために9つの必要なこと」について「またたびろぐ」より詳しく紹介していこうと思います。この9つを意識して運営を行えば収益化できる確率は大きく上がります。...
記事を書く上で頭に入れておくべき3つのこと赤髪SEOブログサロン運営者のこーすけです。さて今回は、「記事を書く上で絶対に頭の片隅に入れておくべきこと」についてお話しできればと思います。これは、記事を書く上で大切なことになりますので、確認してみて下さい。...
ブログ運営で超重要なサイト設計の方法を解説みなさんこんにちは。「またたびろぐ」運営者のこーすけです。さて今回は、ブログ運営で超重要な「サイト設計の方法について」お話ししていきます。私が運営している全サイトは徹底的にサイト設計を行っているくらいに重要なものですから、ぜひ確認してみて下さい。...
検索で上がる&クリックされる正しいタイトルの付け方みなさんこんにちは。 「またたびろぐ」運営者のこーすけです。 さて今回は、「検索で上がり、クリックされる正しいタイトルの付け...
【31日間無料見放題】U-NEXTがおすすめ!
U-NEXTの公式画像

アニメはもちろん、映画やドラマなど210,000作品以上の動画を取り扱っている国内最大級の動画配信サービスです。

見れる作品はほどんど取り扱っており、初めての契約なら31日間無料で動画が見放題です!

「動画配信サービスに興味がある」「みたい作品がある」という人はまずU-NEXTを試してみることをおすすめします。

≫【31日間無料】U-NEXTを試してみる!

おすすめの記事はこちら